ロゴ
在大阪インドネシア共和国総領事館
インドネシア貿易振興センター
ITPC Osaka › ITPC大阪について

所長よりメッセージ

ディッキ― ファラビ
所長

在大阪インドネシア貿易振興センター(ITPC)は1986年に非営利団体として設立されたインドネシア共和国商業省の出先機関であり、在大阪インドネシア共和国総領事館の管轄下にあります。弊所はプロモーション業務を担う商業省の出先機関として、インドネシアの輸出取引を向上させる役割を担う目的のもと、幣国にとって戦略的貿易相手国である19ヶ国にて設立されています。

 

弊所がご提供させて頂くサポートとしましては、インドネシア輸出企業者様へ日本におけるビジネス機会の情報提供、また日本の輸入企業者様へインドネシアの潜在的輸出製品の情報提供等を行っております。

 

情報提供については、(1)インドネシア企業が日本で行う貿易促進活動(国際展示会への参加)への支援、幣センター内におけるインドネシア輸出製品の永続的な展示、日本市場においてオンラインを通し販売可能なインドネシアの輸出製品の促進(2)インドネシア貿易博覧会(TEI)、トレードミッション、ビジネス商談会などの貿易活性化活動を含む情報源として、インドネシアと日本の企業様方が情報入手の場として活用頂けるサイトの運営を行っております。

 

最後になりましたが、インドネシアと日本の企業様方が弊所のサービスをぜひ有効活用頂き、両国間の貿易に更なる促進を齎す事を願っております。

 
インドネシア貿易振興センター所長

責務と役割

2010年3月4日に発令された商業省大臣発令番号10/M-DAG/PER/3/2010に基づき、各国において、非石油ガス輸出製品並びにサービスを促進すべく、各々の国の市場参入への試み、市場情報の提供、プロモーション、マーケットインテリジェンス、またビジネス界への適応を通し、貿易促進活動を行う責務がある。 ITPC大阪の役割は以下の通りである:
  • a. インドネシア輸出製品のプロモーション
  • b. インドネシア製品のマーケットに関する情報
  • c. インドネシアと日本企業間の協力事業への援助
  • d. インドネシア企業の製品売り込みへの援助
  • e. 市場参入のための活動援助
ITPC大阪の基本事業並びに役割:
a. 以下の事例を通しての市場参入
  1. ビジネスコンタクト
  2. ビジネスネットワーキングの開発と発展
  3. お問い合わせへの対応
b. 市場情報への対応
  1. マーケットインテリジェンスの実施
  2. 市場調査の実施
  3. マーケットブリーフの提供
  4. 市場調査結果公表
  5. 輸出入のデータ公表
  6. 輸出データベース公表
c. 以下の事例を通しての輸出振興:
  1. 国際貿易展示会への出展参加
  2. 貿易プロモーションイベント、特別イベント(インストアプロモーション、インドネシアデイ、日本商工会議所との協力イベント等)への出展参加
  3. インドネシアで開催される貿易展示会のPR活動
  4. トレードミッションの開催、購買ミッションの受け入れ
  5. マーケットミッション(マーケティングミッション)の開催
  6. 永続的製品展示の開催
  7. カタログを通してのプロモーション活動
d. 以下の事例を通してのビジネス界への適応:
  1. ビジネス擁護
  2. 輸出入者へのビジネス相談
  3. 輸出者へ交渉援助
e. ビジネスインテリジェンスの実施

スタッフ

名前 役職 メール
ディッキ― ファラビ 所長 dicky.farabi(at)kemendag.go.id
リスティアナ マリッ ジャニ ジャレハ 副所長 ristiana.malik(at)kemendag.go.id
プリハルヤティ 貿易促進担当官 itpc.osaka(at)kemendag.go.id
川原 雅子 貿易促進担当官 itpc.osaka(at)kemendag.go.id
フレシャ サヒルザキ ハスタシヤ 貿易促進担当官 itpc.osaka(at)kemendag.go.id