ロゴ
在大阪インドネシア共和国総領事館
インドネシア貿易振興センター
ITPC OsakaBerita › 静岡で開催された “グローバル・グリーン”イベントでインドネシアバティックが盛況

静岡で開催された “グローバル・グリーン”イベントでインドネシアバティックが盛況

2012525日、静岡 –、インドネシア貿易振興センターは、2012年5月16-23日に静岡伊勢丹百貨店にて開催された「グローバル・グリーンイベント」に参加し、インドネシアブースではバティック製品並びに工芸品の出展を行った。当イベントでは、シャロン商事株式会社が、Batik Enny, Batik Halus Tiana Kesuma, Bixa Orellana Collection といったバティック生地を使用した既製服を出品し、本国からはAulia Jewellery社がジュエリーを展示販売した。 今回のイベントでは、ガルーダ・インドネシア航空会社からも後援があり、新しく開路した羽田-デンパサール間ルートを含めた、自社のフライトPRを行った。またこの機会で、ガルーダ・インドネシア航空会社は、羽田-デンパサール間の2名分の往復航空券チケットを提供し、インドネシア製品を購入された方々に応募頂き、イベント終了後に抽選が行われた。 この機会に、静岡伊勢丹 松村彰久代表取締役社長とインドネシア貿易振興センター所長ロシアナ クリスティナ フレデリックは会合を行い、ロシアナ所長は、三越広島で開催された「モダン・バリ2012」のように、伊勢丹静岡全館でインドネシア製品をプロモーションする機会を要請した。松村社長は、今回のイベント参加を大変好意に受け取り、今後そういった機会を視野に入れて行きたいと話した。またその他に、インドネシア製品については、本来は5月23日までの開催期間であったところを、5月29日まで延長を頂いたと、ロシアナ所長は話す。伊勢丹百貨店は日本以外でも、バンコク、クアラルンプール、プノンペン、香港、上海といったアジアでも名高い。当静岡伊勢丹では、9階のフロアを持ち、平均1日10,000名の来客数がある。当イベントではインドネシア以外にも、マレーシア・タイといった東南アジアからの出展者もあった。 提供元:インドネシア貿易振興センターの情報の基インドネシア商業省プロモーションセンター
filed under: